Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/276-00b7bcec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Redmineのプラグイン ゴンペルたん を導入しました

Redmineを使って3ヶ月ほどたちますが、メール文字化け以外は順調です。

前々から興味があった
これ本番ですか?: Redmineのプラグイン (3) ゴンペルたん

を導入することにしました。

基本的にうまくいきました。
やはりグラフ化って重要ですねー。

うまく動作するまでに案の定いくつかはまりました。

作業した環境は2つ。
OS:windowsXP Pro SP3
Ruby: Oneclick Installer版
rails:2.0.2
redmine:0.7.3
gettext:0.10(mswin32)

OS:windows2003SP2 R2
Ruby: Oneclick Installer版
rails:2.0.2
redmine:0.7.1
gettext:0.10(mswin32)

WinXP Pro が練習用、2003が本番用です。
本番でredmine 0.7.1のままなのは、0.7.3だと
チケットの追加で必須指定のカスタムフィールドを入力しない時に
エラー表示がトレース画面になってしまうためです。

PlugInのインストールの際の
Redmine - Plugins - Redmine
例にある
ruby script/plugin install http://svn.rails-engines.org/engines/tags/rel_2.0.0/

mv vendor/plugins/rel_2.0.0 vendor/plugins/engines

ですが、
windowsのmoveで行うとパスが1段深くなるのに最初は気づかなくてあせりました。(笑)

他は、
これ本番ですか?: Redmineで統計を表示する

の情報を全部行う。

会社のproxy環境だと、proxy設定を
ricollab Web Tech Blog » Blog Archive » proxy 認証の通し方まとめ
の通りにすることです。
windowsなので
export http_proxy=http://foo:bar@proxy.example.com:8080
ではなく
set http_proxy=http://foo:bar@proxy.example.com:8080
が異なります。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/276-00b7bcec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。