Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/250-f51f6762

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Googleを支える技術 を読みました。

ちょっと前に話題になっていたいのですが、やっと読みました。

思ったより平易な内容だけど、これはわざとそうしてあるそうです。たしか前書きにあったような。

初心者でも大まかな内容がつかめるように。
そして、詳しく知りたい人はぐぐってくれと。

ということなのて、とても読みやすいと同時にちょっと物足りないかぁ。

情報源へのリンクなどは全部記載してあるのでたどればよいのですが。
この本の長所は、
これらの疑問に思った所へのリンクが書いてあるインデックスのようなことでしょう。

他の感想としては、
1)
googleを支える技術として
・ソース管理体制を挙げてる
・就業体制を挙げている

ことでしょうか。やっぱり、純粋なコンピュータ技術以外にもその辺も重要ですよねー。

2)
分散コンピュータの数が思っているより多い。

数少ない高級サーバ機よりも複数の安いマシンを並べることにして
パフォーマンスを稼ぐ
というのはいいのですが。

・1台のマシンでも2-4CPU(コア?)
・2-4Gのメモリ
で何万ノードも接続し、その単位のデータセンターが世界規模でいくつもある。
私のノートPCよりは上のスペック、、、。

簡単な分散grep(ファイル内の文字列検索)の処理時間推移の例で1800台。

1800台って一人1台のPCで1800人分ですよ!。

うーん。量が質を変えるということだと、自分やその周辺はまだまだ量が足りないということですね。

後、適当にオープンソースの分散環境のソースはダウンロードして、眺めてみようかなと。

Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
(2008/03/28)
西田 圭介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/250-f51f6762

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。