Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/219-33fedf4e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

どうしても、すぐ変わりたい人のための「自分プロデュース」術 を読みました

テレビ番組などを手がけてる方の本です。

内容は、いかにもビジネスマン用の自己啓発書はとそんなには変わりませんでした。

しかし、テレビ業界という点なのか、気配りに関するアプローチが
ちょっと面白いかなというのと、
表現としては面白いけど、どう実践していけばいいのかわからない点がいくつかありました。

30分程度で気軽に読めます。


ふーんと思った箇所をピックアップしてみました。

・自分を俯瞰の目で見る。

客観的に見る ということでしょうか。

・動き回ればスランプも脱出できる。
 自分が壁に当たっているときは、「一箇所にとどまりすぎている=同じことをやっている」のかもしれません。

・小さなチャンスに気づくこと
 ビッグチャンスばかりをつかもうと考えてしまって、本当に必要なチャンスを見逃してしまっているのです。
 逆に、「ビッグチャンスなんてこない」と思っているとーーー当然、小さなチャンスに気づけるようになります。小さなチャンスを積み重ねましょう。

これは、わらしべ長者理論みたいなものでしょうか。

・自分の特性にスポットライトを当て、さらに輝かせる
 さまざまな要素があるにもかかわらず、たった一つの特性しか伝わらないものです。
 自分の光の部分に当たる特性にスポットライトを当て、努力し続けるからこと、その嫌な汗が輝きに変わるのではないでしょうか。
 
 自分にはスポットライトを当てるほどの特性がないと思っている人もいるかもしれません。
 でも心配は要りません。それなら無理してスポットライトを当てずに、隠してみればいいからです。
 番組でモザイクがかかったり、ピー音が付いたりしたとき、多くの視聴者はそれによって隠されて部分を知りたいと思うものです。 
 隠されると知りたくなる真理を応用すれば、誰でも簡単に自分にスポットライトを当てることができます。

嫌な汗をライトを当てて輝きというのはうまい表現ですね。しかしモザイク理論はどう実践するのか思いつきませんでした。

・第一印象を浴する秘訣は『第ゼロ印象」を悪くすること。
 電話や、他人の評判で若干悪くしておく。実際にあったときの印象のギャップが大きいほど
 第一印象は良くなる。
 著者はテレビや雑誌で悪くしておくけど、ビジネスマンは周囲の協力を仰ぐ。

なるほどとは思いますが、。かなり高度な技のような。

・キャラクターは他人によって作られる
 自分のイメージを周囲の人に聞いてみる。
 ツッコミを入れられたところに注目する
 マイナスキャラを効果的に活かす
 「いい人キャラ」は疲れる

・逆接待をさせるな。
 接待をする側だけでなく、接待を受ける側も気を遣うものだ。
 乾杯の前に会合の趣旨を話す
 店員やタクシー運転手などのサービス業の人に厳しく接しない
 ほめツッコミで場を盛り上げろ

・おごられ上手になる三つのポイント
 「うまい」は独り言のように言う
 上司に『お勧めの店』を聞く
 「そろそろ時間なんで」で締めない 
  今日はいい勉強になりました ぜひ、また誘ってください などで

・おごり方の秘訣
 『何で食べられないの』は禁句
 会計は部下のいないところで
 時には会の途中で帰ってみる

・相手の心に「謎」を残す
 相手が知らない情報や知りたそうな情報を提供し、「こいつ使えるな」と思わせる。
 注意したいのは、調子に乗って自分の知っている情報をすべて出してしまわないこと。
 もうこれ以上聞くことはないなと思ったら、相手は二度とあなたに会おうとはしません。
 相手の心の中に『謎』を残すくらいがちょうどいいのです。

・自分が緊張する人と仲良くなろう
 人脈を広げるなら、『地位の低い人=気楽に話せる人』ではなく『地位の高い人=話していて緊張する人』と出会いたい。

・相手を怒るときは
 怒る理由をはっきりと伝える
 時間は短く、インパクトのある言葉で怒る
 起こった後のフォローは禁物。笑いを交えて攻めで終わらせよう

・怒られ方のポイント
 怒られていることを喜ぼう
  怒るのは熱意の表れ。期待してなければ、怒らない。
 ほめられる仕事よりも起こられる仕事をしよう
 違うと思うことは主張する。

・ビデオで自分を撮ってみる
 動画の自分は周囲の人の目に映る自分の姿。それをチェックするための最も身近な方法。

・相手の期待を裏切らずに裏切る
 相手がどのような期待をしているかを予想し、それをうわまわり、「やられた」と思わせる。

なかなか高度な技です、、、。

・携帯電話で気をつけたい4つのポイントの中での 周囲を意識して失言を防げ
 会議中に、突然電話がかかってきて、「もうすぐ終わりますので、後でかけなおします」
 なんて言ったらアウト!

 上司が聞いたら、「おいおい、何でお前が勝手に『もうすぐ終わる』なんて決めるんだよ!」と思うでしょう。

とのことですが、同意です。たまにいますねこんな人。


・タイムマネジメントは未来マネジメント
仕事時間を短縮することは、仕事において必須条件。他人が30年かかることを自分は10年でやれば
人より多くの階段を上りたかいところまでいけます。
ステップ1 時間どおりに移動してみよう。
ステップ2 無理めのスケジューリングに挑戦!


どうしても、すぐ変わりたい人のための「自分プロデュース」術どうしても、すぐ変わりたい人のための「自分プロデュース」術
(2003/01)
おち まさと

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/219-33fedf4e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。