Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/200-e93b1c81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

MS-WordでIMEON/OFFをCtrl-Spaceキーで切り替える設定

メインで使用しているノートPCをA4サイズからB5サイズに切り替え中です。

小さくて持ち運びしやすいのですが、困ったことが1つあり、右Altキーがありません。

私はかな漢字変換のIME ON/OFF切り替えを右Altキーに割り付けて使っていたのですが
使えなくなってしまいました。

こんな時は、スペースキーの横の変換キーなどに割り付ければいいのでしょうが、
親指シフト入力の練習もしているので、変換キー、無変換キーをそれに使うことはできません。

ひとしきり悩んで、CtrlとSpaceキーの同時押しで切り替えることにしてみました。
Linuxでshift+Spaceでやってたこともありましたが、shift +spaceで全角スペースが
割りついてることもあったのでそれはしませんでした。

エディタ類で使うのには、慣れてきたのですが、1つ問題が発生しました。
Microsoft Word 2003(以下 MS-Word)では使えないのです。
なにか画面がちらつくだけで、切り替わりません。
半角/全角ボタンでのIME 切り替えはできるので、しかたなくMS-Wordだけはそれで使ってたのですが
やっと解決できました。

実はMS-Wordには、Ctrl-spaceには既にキーボードショートカットが割りついてました。
設定により無効にできるということで、無効にしました。

Ctrl-spaceには、直前に指定した書式をキャンセルするという、そんなの知らないよーって感じの
ショートカットなので問題はありません。

手順は、MS-Wordのツールメニューのユーザー設定...を選択します。ダイアログが表示されます。

word_del_ctrl_shift_1.jpg


ダイアログの一番下のキーボード...ボタンを押し、ダイアログを表示されます。

word_del_ctrl_shift_2.jpg


ここから、分類から 書式を選び、コマンドからResetChar を選ぶと、
現在のキーに Ctrl-Spaceが割りついてるのがわかります。

現在のキーのCtrl-Spaceをマウスで選択すると、
下の削除ボタンが有効になるので、削除ボタンを押します。

ダイアログの閉じるを押し、ダイアログを閉じ、
ユーザー設定ダイアログも閉じるボタンを押して作業は完了です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/200-e93b1c81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。