Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/186-c05c28dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アマゾンのロングテールは、二度笑う を読みました

アマゾンのロングテールは、二度笑う  「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略 (講談社BIZ)アマゾンのロングテールは、二度笑う 「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略 (講談社BIZ)
(2006/10/19)
鈴木 貴博

商品詳細を見る



タイトルがちょっと損してるかもしれません。もったいないような気もします。

読むきっかけは、どこかのブログを巡回してて、目次を見まして、
第一章の”なぜイトーヨーカドーはだめになったのか”
というタイトルが気にになったからです。
世間的にはイトーヨーカドーは良い会社ということなのですが、
武蔵境のヨーカドーはものすごくお客さんがいるようには見えません。
閑散としてるわけではないのですがね。

言うほどすごくはないんじゃないの?ということが疑問だったので、
それを払拭してくれるのかと思って読みました。


ずばり、払拭されました。めでたし。

他にも自分の考えていたことがいろいろ腑に落ちることがあり、付箋つけまくりです。

自分なりに読み替えるのがうまくできなかったのでので、適当に文を抜き出しておきます。

-----
会社の寿命=30年=事業の寿命
このときに40才代の社員の社員が割りを食う。
30台は転職可能。50代は逃げ切り。
よって30代後半以降の上級ビジネスパーソンにとって一番重要なのは、
会社自体を生き残らせる戦略力。
会社という船が不利な土俵であえなく沈んでいくような状態では、自分がいくらスキルを
持っていても、それを発揮する場所がない。
会社自体が沈み行く船になっているにもかかわらず、必死に語学力を磨いたり、
部下の掌握術を読み漁ったりしている人のことを「泥舟のダンディ」と呼んでます。
転職が難しい年齢に到達したビジネスパーソンは「会社そ生存させる力」を持たなければ意味がありません。

考えてほしいのは、
「自分が50代になって、この会社の経営陣に加わったとき、どういう会社になっていてほしいかということです。」
もし、あなたが40代のうちに10年かけて足場をより戦いやすい土俵に移しておけば、50代になったとき、
幸せなビジネスパーソンとしての毎日が待っているはずです。
そして、そういう考え方をすることこそ、戦略的なものの見方なのです。

BOP(ボトム・オブ・ザ・ピラミッド)市場=所得の最下層マーケットの話。
BOP層は割高な買い物をしている。:少量ずつ買うので割高。割安な情報が得られない。買いだめできないなど。

スターバックスはBOP層で成功している。高級外車は買えないが3ドルの手に届く贅沢。

日本の新興市場は下流市場での活躍が顕著。

中国を制すには中間管理職を育てる
ローソン、ファミマは台湾で成功した中間管理職を中国へ送り込み成功。

パレートの法則が崩れた
アマゾンからロングテール部分の利益を除くと、一般の小売業と同じ程度。

デル・コンピュータは注文生産の納期4日と販管費の圧縮で、
粗利率は18%だがROSが6.4%、ROAが15.5%。

伸びる競争は完璧主義からベストエフォート型へ

戦略とは「どう戦うか」だと考えている人は少なくないのですが、実は戦わない方が戦略としては
ずっと有効。
その意味で急速に伸びている新興企業は土俵の選び方がうまい。
戦力が充実している大企業と戦うことが、できるだけ少ない土俵」を最初から選んでいます。

----

ずいぶん前に下書きして放置してたのでエントリ番号がずれてます。ふぅ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/186-c05c28dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。