Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/173-0677433f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お金は銀行に預けるな を読んだ

お金は銀行に預けるな を去年の年末に読んでたので、他の人の感想を読む前に、自分の感想を書いておく。


お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代

商品詳細を見る


どんな内容だったかを書いてみる。

お金を銀行に預けると、銀行がそのお金を運用して、利益を得ますが、
そのほとんどは銀行が得るだけです。

それは、他の人がもらってるのをもらわないのだから、相対的に
自分のお金の価値は目減りします。

他にも国為替、株、わかりやすいのは、石油、小麦の価格が
上がると想定的に自分の現金は目減りしてしまいます。

自分のまわりの物の価値が上がって自分はそのままという一人負けを
防ぐ方法の1つとして、金融商品への投資があります。

金融商品を国債から小豆相場まで一通りかいつまんで説明しておきます。

実際にどれに投資するかということですが、いきなり個別銘柄の株を買っても
負けるのは目に見えてます。
最初は手数料がかからないインデックスファンドがおすすめです。
それも国内、海外、株中心、債券中心の4つに分散します。

こうしておけば、すごく勝つことはないですが、どこかが急に上がって
自分がそれについて行けないという負けを小さくすることができます。

たとえば、日本株は8000円から15000までの倍近い上昇をしましたが
この利益をもらい損ねるということはないでしょう。

利益をコントロールすることは難しいですが、リスクをコントロールするのは可能です。
要するに、大きく勝つのは難しいですが、負けをどの位にするかをわかるようにすることは
可能ということです。

感想
自分としては、どうということはない。まぁそうですねということなので。

この本がどんな思いで書かれて、なぜ売れているのか。

リテラシー とは 読み書きとかの技術 ということ。

金融リテラシーは、金融に対する技術ということになる。
金融商品を売ったり買ったりする技術や商品のよしあしをみきわめる技術。

この本はその概要をまるっきりの初心者に解説してくれるもの。


インターネットで類似の情報を書いてあるページもたくさんある。
証券会社などでのアフィリエイトと勉強を兼ねているから。

多分、売れてる理由と、本を書いた動機は、同じだと思う。

・インターネットの無料情報も読まない人が多い。
・インターネットでなく本で読みたい。
・アフィリエイトの匿名記事でなく、信頼のおける人の書いたのが良い。

なんか違和感が数箇所あったけど、忘れた。2ヶ月前に1度読んだだけなので。
1つはファンドの具体的紹介がなかったこと。
これはその程度も調べららないなら買わない方が良いということかと思いなおした。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/173-0677433f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。