Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/101-b4b8a327

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

VIA Eden C3の供給状況の知っていることのまとめ

高速電脳さんのところにちょっとコメントしたらエントリになっていたので、
メモとしてまとめておきます。


VIA Eden C3 の製造は今年の3月で終了となっています。

VIAのサイトを探してもなかったのですが、
産業用ボードPCメーカーの大手 アドバンテックさんのサポート情報で
出てます。

VIA Eden/C3 プロセッサ搭載製品販売終了に関するお知らせ

の中のpdfファイル
http://www.advantech.co.jp/pdf/20051201_EdenC3_PhaseOut.pdf
の3ページ目にある通りです。

アドバンテックさん以外の会社も同様の動きになってます。

VIAの供給終了の理由としては、ライセンス問題で、大体以下の記事にある通りです。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0511/17/news066.html


このような状況になって、去年の11月に騒ぎになって、やっと対処が落ち着いた時に、C3もまだまだ生産が続きます。とあると
なんだかねぇという気持ちになるわけです。

私自身はVIAに直接問い合わせたわけではないし、(日本法人には尋ねました,本社にはメール出しただけ)
レターにもAuthorized distributer からの要望に応じては生産するとあったし、自社使用分はわからないので、現在どうなっているのかはなんともいえませんが。

(補足)
アナウンスからフォーキャスト提出の時間が1ヶ月で製造終了までが、5ヶ月と
産業用としては通常ないスケジュールだったので驚きではありますが、
AMD Geode GX1も時期を同じくして終了しますし、VIAだけ責めてもしょうがないんですけどね。

ただ、Eden問題を回避しても、もうすぐTwister-Tの供給終了の対応しなくてはいけないし。
アドバンテックさんはついに486のボードもやめししまうようだし、

このクラスのCPUだとARMかPowerPCを使うのが主流になってるのですかね。
組込みLinuxやWinCEでの動作も安定してきたので、ソフト的には抵抗少ないのですが、
チップレベルでは、この辺も3年程度で供給が終了してしまうので、
長期供給だと抵抗があるので、
じゃあ、安定供給のSHかというとソフトの対応がいまいちだったりして、


やっぱりチップメーカーにおまかせで楽はできないねというのが結論。


<3月6日補足>
C3はCPU単体でなくて、ボードのことなんですかね。
そうすると話はなんとなく合うような。
日本担当のMKが日本語ができるだけで実情をしらずに適当に通訳したという
可能性もありますが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://burnlight.blog3.fc2.com/tb.php/101-b4b8a327

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

burnlight

  • Author:burnlight
  • 忘れないように色々メモします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。